歪みの原因

最終更新: 2019年6月5日


イメージ:歪み

体はどうして歪む(ゆがむ)のでしょう。

クセと言ってしまえばその通りなのですが

「何故クセが生まれるのか。」

にもつながる理由があるのです。




人間の体を建物に例えると、

柱は骨壁は筋肉・皮膚です。

通常、建物が歪む時は




柱(土台)が傾く。

壁が変形する。

建物全体が歪む。




人間の体もこれとまったく同じ現象が起こります。

一般的に誤解されがちですが、

悪い姿勢だけで体が歪む事はありません(キッパリ!)。

“だけ”と念押ししたのには理由があります。




人間の体が建物と違う点は動物だと言う事、

つまり、自ら回復する能力(自己治癒力)がある点です。

脚を長時間組んでいても

その状態で固まるなんて事はありません。


そしてもう一つ…

すべてを神経がコントロールしている点です。

神経が働かなくなると体は途端に回復能力を失い、

脚を組むと言う「きっかけ」で全体が歪んで行きます。




Q.では、『神経のコントロールが効かなくなる状態』はどうして起こるのでしょう?




私たちの神経、特に中枢神経は重要な組織であるが故に

脳は頭蓋骨脊髄は背骨に守られています。

ただ、それらをフレキシブルに支える椎間板が異常を起こす(以上の原因はまた別で)と

ふとした事で構造的なバランスを崩してしまい

守るはずの神経を傷付けます。

この状態をサブラクセーションと呼びます。


イメージ:サブラクセーション

サブラクセーションが起きた先の筋肉は

コントロールを失い、

他の筋肉と協力して体を支える事が出来なくなります。


初めは部分的な変化として

筋力低下浮腫みかゆみなどが診られますが、

次第に影響は全体に波及して関節痛こり歪みへと進んでいきます。




体の歪みの悪事はそれだけに留まりません。

サブラクセーションは筋肉だけではなく

コントロールしている内蔵へも直接的に影響を与えます






【参考文献】

ガンステッドカイロプラクティック科学&芸術 Clarence S Gonstead D.C.