国際基準カイロプラクター ~書類審査通過~

最終更新: 2019年9月24日



日本でカイロプラクティクを使った整体業を営むのには法的な縛りが無い。いわゆる国家資格が無いので明日からあなたでも看板を挙げる事が可能なのだ。




どんな業種でもライセンス所持の有無に関わらずその道の実力者は多く居る。現にノン・ライセンスで素晴らしい技術を持ち信頼されている先生は多いし、考えてみれば他の職業でもライセンスとは関係なく仕事は出来る。だが、その仕事を深く学び理解した照明となるし、何も知らない第三者へ一定の信頼感を与える事ができるだろう。そこで私も国際認証資格を得るため「安全教育プログラム」を受ける事にした。




国際的に認められるカイロプラクターとなるには2つの道がある。

ひとつは、海外に留学し専門大学を卒業する。もうひとつは、国内に居ながら上記のプログラムを受け国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE)の定める試験をクリアする事である。今回私がチェレンジするのは後者だ。




2年間のプログラムの模様をこれから日本国内でカイロプラクティックを生業にされる方の為にブログで配信して行こうと思う。