柔軟性とカイロ

最終更新: 2019年6月8日


身体の柔軟性は

しなやかな体作りや

運動パフォーマンスの向上、

怪我の予防などに欠かせない要素です。




でも、体が固い事に悩んでいる人にとっては

運動に気が進まない要因ともなります。




今回は「誰でも関節は柔らかくなるの?」そんな疑問にお答えします。




赤ちゃんの関節って柔らかいですね。

そもそも赤ちゃんは未発達な部分が多いので

成人と比較するのは間違っていますが、

では、なぜ成人になるにつれ固くなるのでしょう?




私の話で恐縮ですが体験談をお話します。


私は以前競技空手をしていました。

始めたのは高校に入ってから。空手にハマった私は華麗な「上段蹴り」が出来るようになる為、来る日も来る日も股関節のストレッチ、いわゆる開脚に励みました。当初は痛みに耐えてやっていた開脚も徐々に開くようになり、数ヶ月後には180度開くようになったんです。




この経験から

柔軟性は訓練によって得られる事がわかります。まだ10代だったという事もプラスの要素でしょう。




話を戻します。




Q,では、なぜ固くなるのか?




A,記憶が無くなるからです。


以前ブログでも書きましたが、体はセンサーによって体内を調整するシステムを備えています。

筋肉にもセンサー(筋紡錘・腱紡錘)は付いていて長さや張力を感知し脳へインプットします。

体の固い人はこの情報を書き換えない限り柔らかくはなりません。




近年『ボディメイク』も盛んに行われていますが、そうした筋肉を付ける、肥大させるのも、反復して脳にインプットしています。




Q,では、カイロプラクティックで柔軟性は上がるか?




A,勿論。


だってサブラクセーションが在ったら脳はインプット出来ませんから!